2012年03月08日

精神障害者の就職活動をする上で大切なポイント

精神障害者の方が就職活動を行う時の注意点とは一体何でしょうか。
調べてみましたので早速見ていきましょう。

【まずは手帳の申請をしましょう】
精神障害者の就職活動の注意点として、まずは障害者手帳を申請することです。
障害者手帳の申請をしなければ障害者手帳はもらえません。
これがなければハローワークでの障害者雇用サービスや就労支援サービスも受けられませんので、まずは障害者手帳の申請をしましょう。

【障害者手帳の申請はどこで出来るのか】
精神障害者の就職活動の注意点として先にあげた障害者手帳は、どこで申請できるのでしょうか。
まずは、申請用紙をもらうことから始まります。
申請用紙は受診している病院の受付窓口や、お住まいの市役所の障がい福祉課の窓口などでもらうことが出来ます。
申請先も病院の窓口や市役所の障がい福祉課など二通りありますので確認しておくとよいでしょう。

【しんどくなる時の対処法を考えておこう】
精神障害者の就職活動での注意点は面接です。
まずは、ここを突破しないと合格しません。
面接ではコミュニケーション力を問われたり、過去の実績について聞かれたりします。
また何故休職したのかなどを聞かれる場合もあります。
自分の体調が辛くなるときはどんな時なのかをはっきりと相手に伝わるように伝えることも大切です。
これらのことを聞かれても慌てないように予め考えておくと良いでしょう。

【面接の練習をしておくことが大切】
精神障害者の就職活動での注意点は、面接をどう乗り切るかです。
先ほども書いたように面接ではコミュニケーション力を問われます。
就労支援コーディネーターの方などにお願いして予め面接の練習をしておくようにするとよいでしょう。

精神障害者の就職活動の注意点で重要なのは、面接の乗り切り方です。
まずは、自分自身について相手に伝えることが出来るようにするとよいでしょう。
また、自分の場合は、どんなときにしんどくなりやすくて、どんな対処法をしてきたのかなどを伝えることが出来るようになることも大切です。

障がい者を支援する就職・転職実績NO.1求人サイト「ウェブ・サーナ」
タグ:精神障害者
posted by 精神障害者の仕事探し at 01:20| 精神障害者 就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

精神障害者の仕事の探し方のポイント

精神障害者の仕事の探し方は、どういったものがあるのでしょうか。
仕事を探す方法も今では色んな方法がありますので一緒に見ていきましょう。

【ハローワークで仕事を探そう!】
精神障害者の方の仕事の探し方として注目して欲しいのがハローワークでの仕事探しです。
ハローワークでは「障がい者雇用サービス」というサービスがあります。
このサービスは障がい者の方を積極的に雇用しようという企業が求人募集をかけています。
公共サービスですので安心ですし、就労支援コーディネーターが就職相談にのってくれますので安心です。

【授産施設から就労支援してもらう方法】
精神障害者の方の仕事の探し方として授産施設かた就労支援してもらう方法があります。
これは、一旦授産施設に一定期間通ってからではないと受けさせてくれない場合が多いので注意が必要です。
しかし、授産施設に通所すると同じ病気の仲間が出来て悩みを共有することもできます。
またスタッフも、あなたの体調が悪い時のパターンを知る事が出来ますので就労支援の際にも安心して相談することができます。

【手に職をつけて仕事を探す方法】
精神障害者の方の仕事の探し方として、まずは手に職をつける方法があります。
これは「職業訓練校」といわれる学校で資格の勉強をする方法です。
テキスト代がかかる場合がありますが、ほとんどが無料で受けることができます。

【インターネットを活用して探す方法】
精神障害者の仕事の探し方は公共サービスを利用する方法以外にもあります。
それは、インターネットを活用する方法です。
インターネットサイトでも障害者雇用専門のサイトがあります。
有名なところでは「ウェブサーナ」などがあります。
サーナは念4回発行の機関誌としても有名ですのでおすすめです。

【合同説明会に参加しよう】
精神障害者の仕事の探し方として一年中通して行われる企業合同説明会があります。
説明会では色んな企業の方との無料説明会や面談がありますので、積極的に会社の人と話をすると良いでしょう。

精神障害者の仕事の探し方は公共サービスやインターネットを使うと良いでしょう。
ハローワークの障害者雇用サービスを使う場合は障害者手帳が必要ですので先に申請しましょう。

【実績NO.1】障がい者求人サイト
タグ:精神障害者
posted by 精神障害者の仕事探し at 01:19| 精神障害者 求人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

精神障害者の方が向いている職種について

精神障害者の職種選びで悩んでいる方も多いと思います。
それは当事者だけではなく親御さんも同じ悩みを抱えている場合が多いようです。
そこで、精神障害者の方の職種について調べてみました。

【まずは「自分」について考えてみること】
精神障害者の方で職種を決める前に、まずしておいて欲しいことがあります。
それは、「自分について」考えてみることです。
面接の時に、自分のことを聞かれます。
例えば、病気のことについてや、自分の場合はどうすれば良いのかなど対処法についても聞かれることがあります。
また、自分の性格についても聞かれることが多いですので長所・短所ははっきりいえるように考えておきましょう。

【「自分の場合」を分析してみること】
精神障害者の職種選びをする前にしておいて欲しいことがあります。
先ほどの内容と似ていますが、例えば同じ「うつ病」でも人により症状や苦しい度合いは様々です。
ですので、自分がどんなときに病気が重くなりやすいのかなど「自分の場合は」と伝えることが出来るようにしておくと良いでしょう。

【自分の得意なことは何か】
精神障害者の方はコツコツとする作業がある職種が向いているといわれます。
職種選びをするときに「自分の得意なことは何か」「どんなことが得意か」を知っておくことが必要です。

【コツコツ型に向いている仕事とは】
精神障害者でコツコツ型だからといって工場の職種を選ぶのは、少しあさはかだと思います。
コツコツ型の人は一人で仕事をすることに向いてますので、事務なども向いています。
また販売も、意外と一人で行うことが多いので接客好きなコツコツ型なら接客業も向いているでしょう。

精神障害者の職種は工場系から接客まで様々です。
コツコツ仕事をするということは真面目で努力家ということですからメリットとなります。
自分の良いところを沢山みつけて面接に向かうと良いでしょう。

【実績NO.1】障がい者求人サイト
タグ:精神障害者
posted by 精神障害者の仕事探し at 01:17| 精神障害者 職種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。