2012年03月08日

精神障害者の就職活動をする上で大切なポイント

精神障害者の方が就職活動を行う時の注意点とは一体何でしょうか。
調べてみましたので早速見ていきましょう。

【まずは手帳の申請をしましょう】
精神障害者の就職活動の注意点として、まずは障害者手帳を申請することです。
障害者手帳の申請をしなければ障害者手帳はもらえません。
これがなければハローワークでの障害者雇用サービスや就労支援サービスも受けられませんので、まずは障害者手帳の申請をしましょう。

【障害者手帳の申請はどこで出来るのか】
精神障害者の就職活動の注意点として先にあげた障害者手帳は、どこで申請できるのでしょうか。
まずは、申請用紙をもらうことから始まります。
申請用紙は受診している病院の受付窓口や、お住まいの市役所の障がい福祉課の窓口などでもらうことが出来ます。
申請先も病院の窓口や市役所の障がい福祉課など二通りありますので確認しておくとよいでしょう。

【しんどくなる時の対処法を考えておこう】
精神障害者の就職活動での注意点は面接です。
まずは、ここを突破しないと合格しません。
面接ではコミュニケーション力を問われたり、過去の実績について聞かれたりします。
また何故休職したのかなどを聞かれる場合もあります。
自分の体調が辛くなるときはどんな時なのかをはっきりと相手に伝わるように伝えることも大切です。
これらのことを聞かれても慌てないように予め考えておくと良いでしょう。

【面接の練習をしておくことが大切】
精神障害者の就職活動での注意点は、面接をどう乗り切るかです。
先ほども書いたように面接ではコミュニケーション力を問われます。
就労支援コーディネーターの方などにお願いして予め面接の練習をしておくようにするとよいでしょう。

精神障害者の就職活動の注意点で重要なのは、面接の乗り切り方です。
まずは、自分自身について相手に伝えることが出来るようにするとよいでしょう。
また、自分の場合は、どんなときにしんどくなりやすくて、どんな対処法をしてきたのかなどを伝えることが出来るようになることも大切です。

障がい者を支援する就職・転職実績NO.1求人サイト「ウェブ・サーナ」
タグ:精神障害者
posted by 精神障害者の仕事探し at 01:20| 精神障害者 就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。